人気ブログランキング |

lana(または らの)です。ふと思い浮かんだこと、映画の感想、旅の話…、あれこれのんびりと。


by lanolanolano
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2005年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

毎日が早いなぁ

気がつけば、もう26日になっている!あぁびっくり。

退院したのが14日。そこから毎日、

起きる・おっぱい・おむつ・寝る・起きる・おっぱい・おむつ・寝る…

の繰り返し。ときどき合い間にごはんを食べて、人が来たら話しをして、たまにTVを見て(といっても朝ドラとニュースぐらい^^;)というのが入る程度。

実は里帰りの間に、買ったまま読んでいなかった村上春樹の『アフターダーク』を読もうと思ったのに、時間が細切れで集中できないからまるで読み終わらない。ある深夜→明け方の話なのに、まったく何日かかってるんだろう??

私はどこでも寝られるタイプ。うたたねバンザイ型なので、授乳にともなう短い睡眠のリズムもけっこう平気だと思っていたんだけど、やっぱりそれだけが続くのは身体にとってキビシイみたいと、ようやく気づいてきた。

ちょっと昼間起きている時間が長くなると、夜起きるのがものすごくつらくなる。ウトウトしながら夜が明けて、そのまま、翌日の昼間もだめになってくる。そういうのがたまってくると、常にモウロウ&ボンヤリ状態がキープされてしまうのだ。

土日に起きていたらそんなふうになってしまい、ぐったりした。なので昨日は、時間が空いたらとにかく眠る!というようにしていたら、少し楽になった。

そろそろ床上げかと起きてみたけど、まだまだみたいだ。
by lanolanolano | 2005-07-26 06:46 | つれづれ

誰に似てるって?

5歳のおいは、赤ちゃんのいとこができてとても喜んでいる。
これまで、いとこと言えば大人ばっかりだったから。
顔をのぞきに来てはニンマリ、小さい足を触ってはきゃあきゃあと踊っている。

そんなおいの、赤ちゃんを見ての率直な一言。

「ヨーダみたいだねぇ。」

…たしかに、まぁるい顔に大きい目だもんね。
でも大人たちはちょっとリアクションに困ったぞ。(^^;
by lanolanolano | 2005-07-23 06:45 | 家族

出産報告2

その後、さっと身体をふいてもらった赤ちゃんをすぐに胸に受け取り、憧れ(?)のカンガルーケア。小さいのにしっかりと手足を動かし、こちらのほうに顔を向けようとする赤ちゃんは、やっぱりすごい!

おなかにいる間は肺で呼吸もしていないし、胎盤から栄養をもらうし、なんか遺伝子的には“ヒト”なんだけど違う生き物というか、宇宙のような世界に生きていると思っていたので、生まれたときには「ようこそ!(こちらの世界へ)」と声をかけようかって思ってました。

でもそれよりも、こちらにやってきたパワーに圧倒されて、私の口から出たのは
「よくがんばったねぇ」
でした。生命力を肌で感じるって、まさにこれなんだという気持ち。

明け方6時に病室へ。赤ちゃんも計測やさまざまな処置を終えてやってきて、すぐ母子同室となりました。同室は「大変では?」という意見もあるけど、専門家のサポートがあるうちにペースをつかめるという点で、私はいいなと思います。上げ膳据え膳&行動範囲が狭いうちに、赤ちゃんの時間の流れに合わせるように切りかえられるし。(^^)

こんな形で、私の出産はあっという間に進みました。
でもお産の痛みは赤ちゃんの顔を見たら忘れるとよく言うけど、私自身は「そんなことはないよなぁ」と思います。鼻からスイカ…、確かに言いえてる。痛いものは痛い。2度は体験したくないと思うほど。
だからあえて言うなら、

「この赤ちゃんが出てくるために必要だったんだから、しかたないよね」

ということなのだろうと。

出産日から6日間の入院中は、母乳指導やら、はじめての赤ちゃんの世話24hやらであっという間でした。夜泣きに途方にくれた産後1日目も、数日経つと笑い話。今は実家にて、じゅうぶんな身体の回復を待ちながら赤ちゃんとの時間を楽しんでいます。



カメラなし携帯&実家のPCが古いので、まだしばらく写真をアップできません。とにかくやることもないので、話題がかたよりそうです。ごめんなさい(^^;
by lanolanolano | 2005-07-15 06:43 | 健康

出産報告1

経過も順調で、無事に退院しました♪
せっかくなので、少し出産報告などを。

週はじめの健診、Drいわく「赤ちゃんがだいぶ下がっていますね」。
とはいえ、このとき36週(37週以前に生まれると“早産”)。
初産の人は予定日をすぎることも多いと聞いていたので、1週間後の健診によって里帰りの時期を決めようと思っていました。

ですが7/8の17時すぎ、なんとなくヒマをもてあまして、録画した番組を見つつだらだらゴロゴロしていたら破水に!!
「うゎ、どうしよう。これってきっと破水だ〜」
とドキドキしたものの、不安になってる場合じゃない。
「えーと、えー、まずは病院に電話だ!」

実家に連絡し、タクシーも調べてなかったので電話帳で適当な会社にTel。「洗濯物入れて、戸締りして、あと…カメラも。」

到着したタクシーの運転手さんは、見たところ20代前半の青年。
一瞬、大丈夫かな?と思ったものの、私がパートナーに連絡を取ったり、他の身内にメールを打ったりする合い間にも、なんだかとても親身になってくれる。

話を聞いていると、「実は私も3歳の子どもがいるんですけど、やっぱり破水からだったんです」とのこと。自分のときを思い出してあれこれ話してくれ、「こんな大切な瞬間に立ち会えるなんて、わー。なんか感動です!」と、とても素直な反応で、こちらの緊張や不安をといてもらった感じでした。(^^)

病院では母が荷物を持って待っていてくれ、すぐに陣痛&分娩室へ。
19時過ぎにパートナーも到着。でもまだ陣痛らしき痛みはなくて、「明日の朝になるかもね」と言いながら、20時には実家に帰っていきました。
助産師さんも「今夜は体力を残して休むつもりで…」というので、音楽を聴いたり、日記を送信したりして、「のんびりできるかな?」と思っていた私でした。

が、22時過ぎ、これまでと違うおなかの痛み。分娩監視装置でみると、5〜6分おきにおなかが張るものの、まだ不定期のよう。なので「まだなのかな?」と様子を見ていると、急に痛みがグングン増してきたのです。

はじめの頃言われたように、朝まで続くとしたらどうしよう。
こんなの、朝まで体験してたら死ぬ〜!(><)

このとき午前0時半。時計をにらみつけても、時間はウソのようにゆっくり過ぎていくようでした。

それにしても感心したのは助産師さん。内診してすでに出産が近いことがわかると、てきぱきと分娩準備。その間に、私が襲ってくる痛みにのまれそうになると、さっと寄ってきてサポートをしてくれる。その判断と手際のよさに、信頼して任せられる感じがありました。

実際にいわゆる“いきみ”というのをしている間は、もう何がなにやらという状態で、とにかく言われた流れにそって呼吸。「あと3回ぐらい」と言われてからさらに数回かかった気がします。最後は、
「さぁ出てきますよ。ちゃんと見てあげて」
と声をかけられ、午前3時過ぎ、まさに生まれた瞬間の赤ちゃんの姿を目にしたのでした。(2へ続く)
by lanolanolano | 2005-07-14 06:39 | 健康

☆誕生☆

昨日7/9の明け方に、2800gちょっとの女の子が生まれました!
母子ともに元気です(^^)♪
by lanolanolano | 2005-07-09 06:39 | 家族

早いですが

夕方、破水しましたー(^^;
退院したらまた報告しますね(^^)/~~
by lanolanolano | 2005-07-08 06:38 | 健康
「カンガルーケア」というものがある。

もともとは、低体重で生まれ保育器で育っている新生児を両親が裸の胸に抱くこと。それによって赤ちゃんの呼吸や心拍が落ちついて治療の効果も上がるという。それが通常の出産にも取り入れられるようになって、生まれた直後の赤ちゃんをお母さんの胸に抱っこさせる産科が増えているらしい。

とある縁でこのカンガルーケアのVTRを見る機会があり、大喜びで参加した。仕事の縁なのに、見ているときはすっかり母親モード。実際、どんな母親学級の話より興味深いぞと思ってしまった。

赤ちゃんは生まれたら泣くことで呼吸が始まって、普通はそれで泣き続けると思われているけど、お母さんの胸に乗ると安心したように静かになるのだ。そして自分からおっぱいを探し、お母さんの声に反応してその顔を見る。

体重などを量るためそこから離されると、とたんに「ふぎゃ〜」と泣き出す。なのに、お父さんが抱っこしたときは泣かない。

す、すごい(@o@)!動物的というか、本能的な世界。

これは赤ちゃんの安心のためだけじゃなくて、母親の安定にもいいのだそうだ。だからといって、これで母親の自覚が高まって産後の子育てがスムーズになるとか、そんな簡単な話には直結しないんだけれど。(^^;

でもこういう時間があって、頼れるスタッフも多ければ、入院中はかなり心強いんじゃないかなぁ。…とか考えていた時点で、ほんと自分のことに引き込んで見ていたわけで。

このVTRには、さらに低体重出生児や生死に関わる内容も含まれていて、ものすごいタイミングで大事な映像に出会えたなと思えた。

これを見ている間、おなかの中で赤ちゃんもかなり動いてた(笑)。
まるで、「次はあたしよ!!!」と主張してるみたいだった。(^▽^)
by lanolanolano | 2005-07-01 06:35 | 健康